サイトメニュー

ほくろ対策を行う

女性

紫外線対策を行う

ほくろの発生の主な原因は紫外線です。紫外線を避けるには日焼け止めクリームや長袖の着用、日傘を差すなどを習慣化する事が大切です。毎日続けるには手間に感じてしまいますが、ほくろは時にメラノーマと呼ばれる悪性のほくろに変わる場合もあります。メラノーマの進行が進めば大がかりな治療が必要となるため、厄介です。しかし紫外線を避ける事でメラニン色素が作られるのを防ぎ、ほくろが悪性化する要素をなくせます。また、シミ対策にも繋がるので透明感のある肌へ近づく事も出来るでしょう。日焼け止めクリームは汗と共に流れるので、1日中外出する場合は塗り直す事が大切です。また、紫外線は肌だけでなく目からも入ると言われています。目から脳に紫外線が入り、肌に直接当たるのと同じように日焼けが起こるのです。肌への紫外線対策を行っても目を守らなければ日焼けをしてしまうので、外出先ではサングラスをかけましょう。サングラスを選ぶ際はUVカット90%のタイプを選ぶのがおすすめです。

肌への健康を考える

紫外線対策を行っても完全にほくろを防ぐ事は難しいです。しかし、ほくろが発生する前にほくろが出来る要素をなくす事は出来ます。それは、肌のターンオーバーを促す事が重要です。メラニン色素が肌に定着する前に肌がターンオーバーすれば、ほくろになる心配はありません。肌のターンオーバーを促すのに重要なのは、お肌のケアと十分な睡眠です。ピーリングで毛穴に詰まった汚れを落とし、良質な睡眠でホルモンバランスを整えれば新陳代謝がアップし、メラニン色素の蓄積を抑えるでしょう。さらに、ほくろは肌への刺激が原因で作られる場合もあります。社会人になると毎日メイクをする事がほとんどですが、メイクによる刺激でメラニン色素が増える事もあるので、週に1度は肌を休ませる日を作るようにしましょう。

ストレスを溜め込まない

ストレスが溜まった状態が続くと、ホルモンバランスが崩れてしまいます。ホルモンバランスが崩れると新陳代謝も落ちるため、ほくろが発生してしまうでしょう。ですが、現代でストレスに無関係の方はなかなかいませんよね。仕事や学校で過ごす中、ストレスを受けない事は難しいです。大切なのはストレスを定期的に発散する事です。ストレス発散としておすすめなのが、運動です。運動をする事で汗を出せば新陳代謝も上がり毒素を排出してくれますし、免疫力アップにも繋がります。運動が苦手な場合は、あったかい湯船に浸かり1日の疲れをとるようにしましょう。リラックスするのでストレスの緩和になりますし、血行がよくなり、肌のターンオーバーも正常になります。

Copyright© 2019 ほくろ治療を行なえば素顔が輝く!気になるほくろはクリニックで治療 All Rights Reserved.