サイトメニュー

副作用・ダウンタイム

女性

治療後に患部に変化はある?

ほくろ治療を行いほくろ取ったとしても、治療の跡が残らないか心配になる方もいるかと思います。ですが、ほくろ治療は副作用やダウンタイムが長引く事はほとんどありません。ほくろ治療の方法は、切開・電気メス・レーザー治療の3つが主に行われます。切開はほくろの周りの皮膚を取り除く事でほくろを切除し、電気メスは高周波電流を利用しほくろを取り、レーザー治療は炭酸ガスなどでほくろを焼き切ります。どれも刺激が加わるため、肌への負担を完全になくす事は難しいです。そのためどうしても患部に内出血やむくみ、腫れが見られる場合があります。しかし、これは時間とともに治っていくので心配ありません。切開の場合は皮膚を縫合しているため、患部がとてもデリケートな状態のため水につけない事が勧められています。しかし電気メスやレーザー治療は切開を行わないため、必要以上に患部をこすらなければ洗顔を行う事も可能です。治療跡にうっすら赤みが見られる事もありますが、数週間から数ヶ月では消える事が多いです。もしも赤みがいつまでも残り心配と言う場合は、担当したドクターに相談する事をおすすめします。

安心して治療を受けるためには

ほくろ治療は適切なケアを受ければ、副作用やダウンタイムが長引く事はありません。しかし、ドクターの経験が浅ければ思うような治療を受ける事は難しいでしょう。大切な自分の肌を守るためにも、ほくろ治療を受ける際はドクターのこれまでの治療経験をカウンセリングで確認しましょう。また、万が一治療に満足がいかなかった場合にアフターケアを行ってくれるクリニックかも調べておくと良いでしょう。安心して治療に臨むためにも、不安点は全てカウンセリングで確認しておく事が大切です。

Copyright© 2019 ほくろ治療を行なえば素顔が輝く!気になるほくろはクリニックで治療 All Rights Reserved.