サイトメニュー

バインダー

クリニックで治療しよう

盛り上がったほくろや形の大きいほくろが体に出来ると気になりますよね。ほくろを自宅でケアすると肌に刺激を与える可能性があるため、ほくろ治療はクリニックで行なう事をおすすめします。治療法は主に3つあるので、自分に合った治療法を選びましょう。

女性

ほくろ対策を行う

気になるほくろは、クリニックでほくろ治療を行えば除去出来ますが、費用がかかるので何度も治療を受けるのは大変ですよね。ほくろは、習慣を変える事で発生を抑える事が出来ます。日頃からほくろ対策を行えば透明感のある肌に近付けるはずです。

女性

治療費はいくら?

ほくろ治療を初めて経験する方は多いかと思います。治療費がいくらかかるか知らなければ不安ですよね。治療費が分からなければ、治療を受ける決心もつきにくいと思います。ほくろ治療にかかる値段はどのように決まるかご紹介します。

女性

副作用・ダウンタイム

ほくろ治療で気になるほくろを除去後、副作用やダウンタイムがないか気になる方もいるかと思います。ほくろ治療に対する不安を取り除くためにも、治療後に考えられる副作用の症状を知りましょう。

ほくろを知ろう

女性

ほくろが出来る理由は

いつのまにか顔にぽつっと出来るほくろは、メイクで隠すのも手間がかかり大変ですよね。小さい時にはなかったほくろが、いつの間にか増えていたという経験をした方も多いかと思います。しかも、体よりも顔に増えていると感じませんか?ほくろは遺伝性もありますが、後天性により出来るほくろもあります。後天性のほくろが出来る多くの原因は、紫外線が関係している事がほとんどです。紫外線を浴びる事で、肌の内部にほくろを生み出すメラニン色素が作られていきます。メラニン色素が集中する事でほくろが作られていきます。太陽の光はうつ抑制にも繋がるセロトニンを作ってくれるので、紫外線を浴びるのは必ずしも悪い事だけではありません。しかし、ほくろの数が増えすぎるとメイクだけでは隠しづらくなってしまいます。ほくろ治療をクリニックで受ける事も出来ますが、コストもかかるため何度も受けるわけにはいきませんよね。ほくろの発生を避けたい方は、紫外線対策を行いましょう。

悪いほくろに注意

皮膚よりも色が濃く、時には盛り上がってほくろは出来ますが、ほくろの多くは悪さをする事はありません。しかし、まれにほくろが悪性化する場合もあるのです。悪性化したほくろはメラノーマと呼ばれます。メラノーマは別名で悪性黒色腫と呼ばれる皮膚がんの一種でありメラニンを作り出す色素が悪性化した結果、生まれます。メラノーマが出来る部位は特に規則性はありません。手の平や足の裏といった体の端から、お腹や背中など体の中心部分に出来る事もあります。メラノーマが出来る原因はほくろと同じ紫外線だという事は変わりません。しかし、通常のほくろとメラノーマは見た目の違いが多くあります。通常のほくろは円形で形はある程度整っています。しかし、メラノーマは形がいびつでギザギザとしたものが多いです。出来る範囲も大きいので、目立つ場所に出来るとメラノーマだと判断しやすいでしょう。しかし、メラノーマは皮膚がんなので他の場所に転移する可能性があるので初期段階で治療を行う事が大切です。進行がそれほど進んでいなければ治療跡が残るリスクも少なくなるでしょう。ほくろの状態に不安を感じた方は、専門のクリニックを受診し、ほくろがメラノーマか判断してもらいましょう。

Copyright© 2019 ほくろ治療を行なえば素顔が輝く!気になるほくろはクリニックで治療 All Rights Reserved.